×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

日本酒 グラス 味

朝に熱海から横浜に誼てきたわたしです 昨日は中島水産がやっている安くて美味しいという噂の ほむらん寿司さんに行って来ました 気軽に入れそうな雰囲気なのでおひとりさまでも全然平気 テブル席もったけど゛ウンタが良いので゛ウンタに座って ッュ♪ 気軽に頼める値段定ですよねこの値段で回転してないのは嬉しいなぁ 昨日はっと寒かったけど寒く 三芳菊純米吟醸無濾過生原酒 岡山山途60おりがらみ 1,8l2,835 阿波の酒「三芳菊」の紹介です。 四国のほぼ中央清流「吉野川」上流域にる 徳島県三好市池田町に三芳菊酒造さんはります。 この体特色は軟水の仕込水を使用した 柔らかい口当たりまた徳島酵母を使用し リンゴ・バナナのようなフルティな香りと いい一日だった。 8時に目覚め朝風呂に出かける。 不景気だなきな公衆浴場はわたしの貸し切りだった。 一日のスケジュルを考えながら湯船に身を浸し いくつかのプランを挙げ後にする。 ひとまず空呆満たそうと 随分前に買い冷凍庫にしまったままだった「生パスタ」を 瓶詰めのトマトソスでいただく。 冷凍保存にも限界がり一部団子のようになってしまっていた。 やはり天一のラッの 今朝は気温が低かったものの朝日が輝いていました。 今日はデッサン教室でした。 それぞれ果物を持ち寄りモデルにしました。 今回はそれぞれを正確に描くと言うよりは構図を考えて自由にデフォルチても良いと言う事なので気楽でした。 何時ものスケッチブックでは水彩用のワトスン紙に描きました。 紙の質感の違いを理解するようにとの事ですが私には実は良く分かりません 首に 4月5日に2回目の結婚記念日を迎えました1回目の結婚記念日ハンバグ過去記事参照旦那さんの誕生日ステキ過去記事参照と記念日ディナがお肉づいていたので今回は魚ヂンでと考えて手巻き寿司に決定具は±グロ甘エビマグロのたたきカニカマ厚焼き卵カニカマキュウリかいわれ大根ツナマヨ納豆と10種類。 後はお味噌汁とほうれん草のお浸しを添えました♪手巻き こんばんは。 本日はめめに旧ました♪のでお家呑み♪ 22時半位にはお家に着いた。 ゆっくりご飯食べれました。 奥の松のスパクリング 日本酒なのにね。 弾けます。 呑みやすいですよ。 皆様結構お酒臭さが気になり日本酒遠ざかる方もいるようですが色々試して見てね。 実は柔らかな甘い香りの物や爽やかな香りの物も多いです。 まり呑んでキツクない物もります。 私は呑んべにしては邪道なので色 初めての長夜は屋さんに?て行って頂きました。 新潟県立近代美術館にも?て行っていただき すごく充実しました。 絵は全く詳しくないですが絵を観ることは好きです。 まずはビルをいただきます。 特大バイ貝の酒蒸し。 こんな大きなバイ貝を見たのは初めてです! 比べるものがなく 普通サイズのグラスと比べてみました。 やっぱり大きい! 小さなバイ貝何個分だろう。 くるりんとうまく出てこず 朝7時前。 のッルで目覚める。 ついでにトイレに起き上がり。 。 突然の目まいで完全にバランスを失いふすまに激突。 んびっくりしてやって来た。 トイレから出て布団に戻って横になった瞬間また激しい目まい。 天井がぐるぐる回っている。 原因は不明。 考えられるのは夕べのマッコリ。 小さなグラス一杯だけだが日本酒が飲めない私にはそれだけでも夕べかなりの負担ではった。 い久々の門次郎。 出張とかみんなが忙しいとかもろもろでなかなかいけなかった んだけど蟹祭りということでスケジュル調整していってきました! はもう蟹好きにはたまらないッュでしょう というのでまずは蟹味噌と蟹サラダ!最初ワイン入れてたんだけどそっこ日本酒に 変更の私たぼ笑 そして蟹祭りでも食べます馬刺し! この日は大将もいていろいろとおしゃべりしながら指南を ほんのこの前まで日本酒でもウィスキでもインでもごくごくと飲み干していた。 ペスが早いと言われてた[力がったので悪酔いはしなかった。 けど最近は朝起きて昨晩のことが部分的に記憶途切れてきました。 そこで日本酒をワイングラスに入れてムリエ気どりに味わいながら楽しみながら頂く飲み方にしました。 すると緩やかにホンワリと酔いが感じられ少しのルコルで満足できるのです。

グラスの特集リンク

透明なグラス

昇温によりガラス転移現象を示す非晶質固体[1]。そのような固体となる物質。このような固体状態をガラス状態と言う。結晶と同程度の大きな剛性を持ち、粘性は極端に高い。非晶質でもゴム状態のように柔らかいものはガラスとは呼ばない。詳しくは「ガラス転移点」を参照のこと。

ニュース

【W杯】ロナルド、名刺代わりのポスト直撃弾 存在をアピールも引き分け
 世界が注目する選手の1人であるポルトガルのロナルドが、いきなり名刺代わりの一撃を見舞った。前半11分、フェイントでディフェンダーを置き去りにし、作ったスペースで右足を強振。ボールはポストを直撃し、ゴールにこそならなかったが、大会の顔であることを強烈に印象づけた。
【W杯】満身創痍のドログバが強行出場
 攻めながらも、点が取れないもどかしさが続いていたコートジボワール。エリクソン監督は後半21分、満を持してドログバを送り出した。
【医薬最前線】第2部 2010年の壁(3)伸びる後発薬 大手も食指
 日本の後発医薬品(ジェネリック)市場の“異変”を象徴する光景だった。6月12、13日、さいたま市であった「第4回 日本ジェネリック医薬品学会」。シンポジウムやセミナー会場には立ち見が出た。参加者は初の1千人を超えた。国内外の大手新薬メーカーのマーケティング担当者の姿が目立った点でも、従来とは様子が違った。
刺された女子高生は重体 横浜市
 横浜市の私立清心女子高校で15日、1年の女子生徒(15)が同級生に脇腹を刃物で刺された事件で、神奈川県警によると、女子生徒は意識不明の重体だという。
【W杯コートジボワール−ポルトガル】速報(7完)0−0で引き分け コートジボワール終盤の猛攻実らず
 後半30分すぎから、両チーム徐々に疲れが見え始め、足がつる選手も目立ち始める。